新卒予定者に対する就職支援について

自分は地方の国立大学に勤務しています。また、その大学は自分の出身の大学でもあるのですが、新卒者に対する就職支援一つとっても、サービス内容に隔世の感があります。昔も就職課がありましたが、求人票を掲示板に貼ったり、募集要項を並べておいてあるだけで、基本的には学生が自力で内定を勝ち取ってくるものでした。ところが、現在は、面接試験の受け方やエントリシートの書き方まで指導があります。OBの体験談を聞かせるために、手配するとかいうようなことは理解できますが、面接の受け方までは行き過ぎのような気がします。学生は面接で話すネタを仕入れるために、いろいろな活動を行うようになって、正課外のサークル活動やボランティア活動が本来持つ役割と違う方向に行ってしまいそうです。社会人になれば、自分で課題を見つけ、それを解決しなければならないことになりますので、就職活動でサポートするよりも、自分の頭で考える習慣をつけさせる方がいいように思います。

社会で支える新卒の就職支援

新卒で就職を希望する人にとって、世間で名の知れた大企業に入社したいというのが多いかと思います。またその親も同様に安定した大きな会社に入れてやりたいと願います。しかしながら、大企業に入社することが出来る人数は、採用枠も限られており、簡単には入社することが出来ないのであります。大企業もポテンシャルのある優秀な学生を採用したいという意図があるからでもあります。このようなことからごく普通の学生にとっては、中小企業に就職することになるようになっていますが、特に目的もなく漠然と就職活動してしまうと、時が流れるだけで、就職先が決まらずに、卒業という事態になってしまいます。そうならないためにも、大学を中心として、地域社会で新卒の就職支援が、必要になってきます。大学の周りにあるキラリと光る地元の中小企業に興味や関心を持ってもらうために、大学経由で意識の低い学生にインターンという形で、一度働いてもらうという機会を与えてみるのです。そのことを通じて、新卒者にとっても地元の中小企業にとってもお互いにとってプラスになっていきます。

新卒であれば就職支援を受ける

学歴があまり通用しない時代ですので新卒者にとってはかなり厳しく、どの業界でも仕事の経験を優遇されてしまうという状況があるようです。ですが今のこの厳しい時代だからこそ就職支援をするような会社も多くなり、なかなか就職ができない人のために色々な支援をしてくれるようなのです。それはまず新卒者は初めての就職になりますので、履歴書の書き方というものを知らない人がほとんどになります。学生時代にアルバイト経験があり履歴書は書いたことがあることもありますが、学生時代のアルバイトと就職とではポイントというのも違ってくるのです。ですから就職支援をする会社では就職できる履歴書の書き方も教えてくれたり、履歴書のポイントになる志望動機や自己アピールという部分もアドバイスしてくれます。自己アピールには自分自身を知らないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です